<ヴァチカン国際音楽祭>西本先生共同祈願

<ヴァチカン国際音楽祭>西本先生共同祈願

2018年11月12日(月)9:48 午前
11月10日 サン ピエトロ大聖堂での【ヴァチカン国際音楽祭2018 ローマ教皇代理ミサ】において、西本智実先生が共同祈願を行いました。
以下西本智実先生の共同祈願内容より一部抜粋と、報道記事を掲載致します。
————-
共同祈願は、各国の代表者がサン ピエトロ大聖堂の聖壇にあがり、祈願します。
西本が共同祈願に立つのは、「広島・長崎への原爆投下から70年」の2015年以来。
なお、ミサの模様はヴァチカン放送より、世界約35カ国に中継されています。
 
西本共同祈願より一部抜粋です。
「250年にも及ぶキリシタン迫害の中、
沈黙を持って、耐え忍び、
情熱の炎を片時も消す事なく、
受け継がれてこられた方々の魂を感じずにはいられません。
ここ、ヴァチカン サンピエトロ大聖堂に於いて、
悲しみを背負われ、殉教された隠れキリシタンの魂が救われますよう、祈ります。
そして、イエズス会初のフランチェスコ教皇が、
東アジアの地に、再び訪れて下さいますよう、
願っております。」
 
共同通信
https://this.kiji.is/434137026125366369?c=39550187727945729


«   |   »

Facebook

▲TOPへ戻る